マッチングアプリ

マッチングアプリは危険性が高い?要注意人物の見分け方や安全に利用するために注意するべきこと

詐欺や勧誘といったトラブルがある

マッチングアプリの危険性と聞いてまず浮かぶのが、詐欺や勧誘などのトラブルでしょう。詐欺や勧誘などのトラブルでしょう。
気の合いそうな人と実際に会ってみると、変な団体への入会を誘われたり、いい話があると言ってお金を要求されるなんて話もよく聞きます。

個人情報が漏洩するかもしれない

現在、ほとんどのマッチングアプリでは登録の際に氏名や住所など個人情報の入力が必須です。
もしもそこから個人情報が漏洩してしまったら、アプリの利用がバレてしまったり、見知らぬ人から悪用されるなんてこともあるかも…?

サクラやストーカーなど迷惑ユーザーもいるかもしれない

マッチングアプリと言えば桜の存在もよく知られています。
お金で雇われているので実際に付き合えることはないし、徒労に終わってしまいます。
また真っ当なユーザーの中でも、お断りしたのに付きまとわれてしまうなんてトラブルも。

信頼性の高いマッチングアプリだけ使う

現在、マッチングアプリの数は非常に多く、率直に言えば玉石混交の状態です。
中には運営会社もはっきりしない怪しいものもあるので、しっかりとした実績のある大手の信頼性が高いマッチングアプリだけを利用するのが重要です。

>>おすすめマッチングアプリランキング

メッセージのやり取りは一回だけで終わらせない

マッチングアプリでは実際に会う前に相性や待ち合わせなどメッセージのやり取りがあります。
このメッセージは一回で終わらせず、複数回行うのがおすすめです。
相手の返事によって目的や、性格などわかることも多いためです。

>>マッチングアプリで印象の良いメッセージの送り方

初めての顔合わせはお昼に

相手の条件に納得して実際に初めて会う時、ある程度信用できそうな相手であっても夜に会うのはおすすめできません。
夜は危険な場所も多く、交通手段も限られてしまうためです。問題ない相手とわかるまでは人目の多い昼に会うようにしましょう。

「インターネット異性紹介事業」を届け出ている

現在、日本の法律ではマッチングアプリを運営するためには「インターネット異性紹介事業」の届け出をして認可される必要があります。
端的に言ってこれがないアプリは違法であり、つまり警察に認められない行為をしている可能性が高いと言えます。

監視は24時間体制になっているか

大手の信頼性の高いマッチングアプリでは、ほとんどが安全対策で24時間の監視体制を敷いています。
アプリは24時間稼働しているため、何かトラブルがあった時にもすぐ対応できる体制が整っていなければ危険です。

悪質ユーザーの取り締まりがしっかりしているか

悪質ユーザーは隙さえあればすぐに他のユーザーに対して迷惑行為や、犯罪まがいのことも行います。
こうした悪質なユーザーをきちんと監視し、通報システムやブロック、退会処分などの対策がしっかりとされているかが重要です。

真面目な婚活や恋活以外の利用禁止になっているか

マッチングアプリには実に数多くの種類があり、コンセプトなどもユーザーの目的によって異なっています。
その中には遊び相手探しが公認されているものもあるので、真面目な出会いを求めるならば、利用目的が限定されているもののほうが良いでしょう。

日本語に対応しているかどうか

マッチングアプリの中には、運営主体が日本ではないものも多く存在しています。
それらすべてが必ずしも悪質なわけではありませんが、日本語に対応していないものはトラブルへの対処にも不安が残るので、利用しないほうが良いでしょう。

会社情報がきちんと記載されているか

真っ当なマッチングアプリであれば、運営会社についての情報もきちんと記載されているはずです。
会社名から住所、連絡先など、本来ならあって当然の情報がなければ、何か後ろ暗いことをしている可能性は高いと言えます。

容姿のレベルが高すぎる

どうせ出会うなら容姿が優れた人に越したことはないとは言えます。
とは言え、モデル並みの男女がそう簡単にいることは現実として中々ありえません。
驚くほどの美男美女の場合、かなりの加工か、自分ではない写真で騙そうとしている可能性が高いです。

すぐに会いたがる

業者や体目的のユーザーは、基本的に最小限のやり取りだけですぐに会おうとします。
実際に顔を合わせれば、慣れている人間にとって自分の思い通りに誘導しやすいためです。不自然なほどすぐに会いたがる人は要注意だと言えるでしょう。

連絡先交換の要求が早い

LINEなどの連絡先をすぐに交換したがる相手も、すぐに会いたがるのと同様要注意です。
一度LINEでつながってしまえば必要な時にすぐ連絡できるため、まずLINEを集めることを目的としている業者もいます。

メッセージの量や回数が多い

すぐに誘ってくる相手も危険ですが、逆にメッセージの量や回数が多すぎる相手も安全ではない可能性があります。
業者などは手馴れているため、あの手この手で誘いをかけてきたり、また一般ユーザーであっても、ストーカー気質である可能性もあるためです。

ペアーズの特徴

ペアーズは非常に会員数の多い、マッチングアプリ大手の一つです。
会員数の多さはそれだけ出会いの多さにもつながり、可能性が広がります。
登録の際には本人確認が必須で、セーフティーセンターを完備。ユーザーによる通報機能やブロック機能もあるため、しつこい相手や危険を感じる相手に対して自衛をすることも可能です。

Omiaiの特徴

Omiaiはその名前からもわかるように、結婚を前提とするような真剣なお付き合いを求めるユーザーの多いマッチングアプリです。
運営の監視も行き届いており、通報システムも細かな機能が付いています。
危険とされた相手にはイエローカードが表示されるシステムがあるので、一目で避けたいという人に使いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの特徴

名前からもわかるように、婚活などを真剣に考えるユーザーの多いマッチングアプリです。
通報機能、24時間パトロールは万全で、本人確認も必須となっているため、危険人物の入り込む余地が少なくなっています。
女性ユーザーも有料というのが特徴の一つとしてあり、それだけに女性も真剣度の高いユーザーが集まっています。

youbrideの特徴

youbrideでは本人確認書類や学歴を証明するものなどがあればプロフィールに表示される仕組みとなっています。
そのためプロフィールを見れば詐称のない相手とも出会いやすく、監視体制も整っているのでトラブルの対処などにも即応できます。
真面目なお付き合いを考える利用者が多いのも特徴で、良い出会いに恵まれています。

withの特徴

withは登録の際の本人確認など、運営による監視体制の整ったマッチングアプリです。
真面目なお付き合いを志向している人が多いため、遊び目的のタイプがあまり多くなく、危険人物と遭遇してしまう確率も低くなっています。
不正ユーザーの強制退会システムなども完備されているので、安心して使いやすくなっています。

マッチングアプリは実際に悪質なアプリ、ユーザーがいることも事実で、絶対に安全と言えるものではありません。
ですが信頼性の高いアプリを利用し、自衛も行っていれば過剰に恐れるものではないのも事実です。
安全に、素敵な出会いを目指しましょう。

-マッチングアプリ