マッチングアプリ

ブライダルネットの会員数や特徴などを調査!口コミ評判やおすすめする理由などを紹介

婚活や再婚目的での真剣なマッチングアプリを探している際に、『ブライダルネット』が気になったという方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、そのブライダルネットについて詳しく解説します。

ブライダルネットとは?データ共に解説

男女別料金 |男女同額・月会員3,980円/年会員24,000円
年齢層   |30代から40代が中心
累計会員数 |約30万人
目的    |婚活・再婚に特化
特徴    |婚活・再婚のサポートに特化し、男女共に30代の利用者が多い
運営会社  |株式会社IBJ

ブライダルネットの会員数の特徴

ブライダルネットの会員数は約30万人となっており、他のマッチングアプリと比較して特別多いというわけではありません。
ただ、利用者層は婚活を目的としている方がほとんどですので、真剣な出会いのチャンスは多くあるマッチングアプリというのが特徴です。

ブライダルネットのマッチング数・会員数の推移

ブライダルネットは、会員数・マッチング数共に順調にその数を伸ばしており、特にマッチング数に関しては2023年には前年比で約57%アップとなっています。
そのため、右肩上がりに成長を続けているマッチングアプリと言えるでしょう。

ブライダルネットのアクティブユーザーの傾向

総会員数が約30万人と特別多いわけではありませんので、ブライダルネットのアクティブユーザーの傾向としては、首都圏や都市部に利用者が多いという特徴があります。
また、会員の年齢層が多い30代も相対的にアクティブユーザーが多い傾向です。

ブライダルネットの年齢層を解説

男性会員の年齢層は?

ブライダルネットの男性会員の年齢層は、30代から40代の会員が半数以上となっています。
また、その中でも30代のアラフォー世代から40代の会員が最も多くなっており、この世代の利用者が中心となっているのがブライダルネットの特徴です。

女性会員の年齢層は?

女性会員の年齢層も、男性会員と同じく30代から40代の会員が非常に多くなっています。
その中でも、女性会員は30代全般の会員数が突出して多くなっており、全体の半数以上が30代の会員となっているのが大きな特徴です。

ブライダルネットのおすすめ理由4選

婚活に真剣な年齢層の方が多い

ブライダルネットの特徴として、男女共に婚活に対し真剣な方が多いという点が挙げられます。
これは利用者の年齢層を見てもわかる傾向で、真剣な出会いの場を求めている方にはおすすめの環境と言えるでしょう。

シンママやシンパパのサポートにも強み

ブライダルネットの特徴としてもう一つ挙げられるのが、シングルマザーやシングルファザーの方サポートにも力を入れているという点です。
そのため、再婚を目標として利用される方にもおすすめのマッチングアプリとなっています。

バツイチの方でも利用しやすい環境

上記のような再婚をサポートする体制に強みのあるマッチングアプリであるため、当然ながらバツイチの方でも利用しやすい環境となっています。
バツイチであることが気がかりで、中々出会いのチャンスが無いという方にも、おすすめできるアプリと言えるでしょう。

24時間の監視・サポート体制

ブライダルネットは24時間の監視・サポート体制があるため、トラブルがあった際も安心して利用することができます。
この点も、マッチングアプリを利用するにあたって嬉しいポイントです。

ブライダルネットの体験談・口コミ

男性の体験談・口コミ

 ・良い口コミ

女性会員も有料であるため、会員の真剣度が非常に高いと感じました。
サクラなども見かけないので、非常に安心して利用できています。

 ・悪い口コミ

会員の総数が他のアプリよりも少ないため、どうしても出会いのチャンスは少なく感じてしまいました。
特に地方の方はやや難しいかと思います。
 

女性の体験談・口コミ

 ・良い口コミ

サポートが手厚い点が非常に良かったです。
再婚やシンママをサポートする風土もあるため、バツイチの方でも使いやすいアプリだと思いました。

 ・悪い口コミ

女性会員も有料な点は、やはり気になりました。
無料のマッチングアプリに慣れていると、どうしても気になってしまうポイントではあるかと思います。

ブライダルネットと各マッチングアプリの年齢層比較

ペアーズとブライダルネットの年齢層比較

ペアーズの年齢層は、20代から40代が中心です。
ブライダルネットと比較して、やや利用者の年齢層が分散している傾向であるのがわかります。

Omiaiとブライダルネットの年齢層比較

Omiaiは、20代後半から30代前半の年齢層が非常に多くなっているのが特徴です。
そのため、ブライダルネットと比較して若い年齢層の婚活向けであることがわかります。

ゼクシィ縁結びとブライダルネットの年齢層比較

ゼクシィ縁結びは、ブライダルネットと同じく30代を中心の年齢層で会員が構成されており、それに加え20代の利用者もやや多いという傾向にあります。
そのため、ややブライダルネットより若い年齢層向きのアプリと言えるでしょう。

youbrideとブライダルネットの年齢層比較

youbrideは利用者の年齢層が幅広いのが特徴で、主に20代から40代の利用者で会員が構成されています。
ただ、中心の年齢層となっているのは30代から40代となっており、ブライダルネットと近い傾向となっているのが特徴です。

withとブライダルネットの年齢層比較

withは20代から30代の年齢層がほとんどで、男女共に20代の利用者が過半数を占めているのが大きな特徴です。
そのため、ブライダルネットと比較して年齢層がかなり若い傾向にあるのがわかります。

各マッチングアプリとブライダルネットの年齢層比較まとめ

以上のようにマッチングアプリは、20代後半から30代前半をターゲットとしたアプリが多い傾向です。
そのため、ブライダルネットのようにアラフォー世代がメイン層のアプリは貴重であることがわかりました。

マリッシュの利用を特におすすめできる年齢層は?

ここまで解説した通り、ブライダルネットは30代から40代を中心に、特に30代の利用者層が多いマッチングアプリです。
マッチングアプリでは同世代がマッチングしやすい傾向にあるため、利用者の年齢層が特に多い30代の方におすすめできるマッチングアプリとなっています。

30代がブライダルネットを使う際の注意点は?

体目当ての男性には注意を

女性がマッチングアプリを使う際の共通した注意点ですが、体目当ての男性には常に気をつけるよう心がけましょう。
コンタクトを取ってきた際の内容や、プロフィールに少しでも違和感を感じた場合は、距離を置く方が懸命です。

既婚者にも関わらず登録している会員に注意

こちらもマッチングアプリを使う際の共通した注意点となりますが、浮気や不倫目的でプロフィールを偽り、既婚者が会員登録しているケースもあるので注意が必要です。
この場合も、相手のプロフィールや言動に少しでも違和感を感じた場合は運営に通報するようにしましょう。

ブライダルネットは、30代の真剣な婚活におすすめ

以上のようにブライダルネットは、真剣な婚活や再婚を目的とした利用に適したマッチングアプリです。
特に30代の方は利用者が多いため、おすすめのアプリとなっています。

-マッチングアプリ