マッチングアプリ

【男女別例文あり】マッチングアプリでモテるプロフィールを作るコツ

マッチングアプリにおいてまず悩みどころとなるのが、プロフィールではないでしょうか。
シンプルなままでも利用は可能ですが、それだけでは全然マッチングされないことも。そんなプロフィールの効果的な書き方について解説します。

基本情報を全部記入すべし

基本情報はできるだけ全部埋めるようにしましょう。
あまりに空白欄が多いと素性がつかめず、見る相手にとっては正体不明の不気味な存在に見えてしまいます。
自分がどんな人間なのか知ってもらうための基本です。

趣味などについても詳細に

趣味も情報として重要な項目です。
たとえば読書や映画鑑賞のような趣味だとありきたりに思われるかもしれませんが、それでも好きな作家や好みの映画ジャンルが具体的に書かれているだけで相手の興味を引き、マッチング率が上がります。

メインのプロフィール写真は鮮明でわかりやすいものを

メインとなる一枚目の写真はできるだけ顔がはっきりとわかるものにしましょう。
見る人が知りたいのは相手がどんな素性で、どんな雰囲気の人かということです。変に隠さずに確実な情報を見せるほうが信用を得られやすいです。

>>マッチングアプリでモテるプロフィール写真のコツ

サブ写真には動物や趣味の写真を載せるのもアリ

また2枚目以降のサブ写真では、全身の写真など自分がどんな人間であるかを表す他の情報も載せていきましょう。
趣味や飼っている動物などの写真があるとウケもよく、共通の話題として相手の興味を引きやすくなります。

まずは挨拶から入る

通常、初対面の人とは挨拶から入るのが当たり前ですよね。
たとえマッチングアプリでも、同じことが言えます。最初に挨拶が入っていると、礼儀正しく丁寧な人という印象を与え、好感度が上がり信頼を得やすくなります。

自分の情報を伝える

初めてプロフィールを見る人にとって、あなたはまったく素性のわからない未知の存在です。
職業や年齢、出身地や所在地など、基本的な情報を積極的に明かしていくことで相手の信頼度も少しずつ上がっていくはずです。

周りから言われることの多い印象を書く

自己紹介をする上で、自己分析による性格なども大切ですが、他の人から見た時の自分の情報を書いておくと、より相手に伝わりやすくなります。
のんびりしているとか、おしゃべりといった客観的な情報があることで、イメージしやすくなりますよね。

理想とする異性のタイプを記入

はじめから合わない人にアプローチするよりは、相性の良い相手に声をかけたほうが互いにとって効率も良いですよね。
性格や恋愛観など、あまり詳細すぎても引かれてしまうので、幅を持って記載しましょう。

基本情報も忘れずに

プロフィールでの自己紹介とは別に、マッチングアプリでは運営から用意された基本情報のテンプレートが提供されていることも多くあります。
こちらもしっかりと、できるだけ空欄がないように埋めておきましょう。

それではここからは、どんなプロフィール文だとマッチング率が上がるのか、実際の文例を見ながら解説していきましょう。
あくまで一例なので、まるまる真似をする必要はありませんが、どんな感じなのか雰囲気を掴んでください。

プロフィール例文(男性)

まずは丁寧に挨拶をして、住んでいる場所など基本的な情報を伝えます。
その上で趣味や人柄、一緒にしたいことを伝えることで、合わない人は避け、求めている人にとってはアプローチしやすくなります。
ラフになりすぎないのもポイントです。

プロフィール例文(女性)

プロフィールで休日を取れるのはいつが多いか、どこへ行きたいかなどが書かれていると、男性からもそれを参考にして誘いやすいのでおすすめです。
また女性では絵文字などもくどくならない程度に使うと、親近感を持たれやすいでしょう。

ネガティブなことは書き方を考える

自己紹介において包み隠さず話そうとするあまり、自分の悪い点をはっきり書いてしまう人もいますが、当然良い印象にはなりません。
たとえば「暗い性格」ならば「物静か」。「付き合った経験がない」ならば「恋愛経験少なめ」など書き方を変えてみましょう。

基本は敬語で

初対面や初めてのメッセージのやり取りで最初からタメ口の人は無礼で粗野な印象を与え、好まれません。
プロフィールでも同様で、メッセージを送っても最初からタメ口だったら嫌だな…などと思われてしまいます。
基本は敬語ということを忘れないようにしましょう。

自慢になってしまうようなことは書かない

何かアピールできることがあっても、自慢になってしまうようなことはあまり書かないようにしましょう。
それを見た相手はナルシストのように感じたり、自慢話を聞かされるのが面倒だと感じてしまいます。
謙虚な気持ちで書くことが大切です。

嘘、見栄などはNG

身長や年収など、自分にしかわからないことはつい盛ってしまいがちですが、真剣に付き合うならばそうした嘘もいつかバレてしまいます。
深みにはまって抜け出せなくならないように、最初から正直に書いておくほうが結果的には良くなります。

マッチングアプリにおいてプロフィールは相手にアピールできる数少ないポイントです。
手を抜かずしっかりと書いて、好印象を与える工夫をすれば、自ずとマッチング率も上がっていくはず。
ぜひ試してみてください。

-マッチングアプリ